ここ3年で64カ国、フライトも3年で397回とびました。

この3年間ほどはいかに荷物を少なくするか、そしていかにできることを最大化するか、という2つを両立すべく様々なアイディアを実験してきました。

私凝り性なので、ひどいときには1g単位で軽くすることを考えていた時期もありました笑

そして今年はファーストクラスで世界一周も終えたところですので、今までのリュック機内手荷物まとめ記事を作成することにしました。

3年間で64カ国、のべ397回のフライトで厳選されたリュックの手荷物をご覧ください。

7kg機内手荷物の中身はこちら

こちらが19Lリュック1つに収まっている荷物全てになります。

7kg機内手荷物の中身はこちら

ポーチの中身は少し分かりづらいかと思うので、
別で撮りました。

リュックに荷物をすべて入れて、重さを測ったところ、6.8kgでした。これであれば余裕でどのフライトでも機内持ち込みできちゃいます。

またホテルチェックアウト後でもいろいろなところに荷物一つで行けるので、機動性も一気に増します。

 

 

でも、このリュックの荷物で一体何ができるの?

『こんなに少ない荷物で本当に楽しめるの??』

そう思われた方も少なくないかと思います。
では、実際にこの荷物でどれだけのことができるのかを今からお話します。

 

旅先でのランニングを楽しむ

旅先では、朝か夜のどちらかにランニングなどの運動をするように心がけています。

そうすることで体がリフレッシュしますし、寝付きも良くなるからです。

少し寒いときは上のものにプラスして、ウィンドブレーカー(North Face、後で出てきます)を着て走ったりします。それでも寒いときは室内で筋トレですね笑

 

最低限の身だしなみを整える

旅での身だしなみもこれだけあれば十分です。

オーガニック制汗剤、オーガニック整髪料、化粧水、クリーム、日焼け止めクリーム、歯磨き粉、香水、虫除けスプレー(大事!)、カッター、はさみ、耳かき、爪切り、サングラスです。

ちなみにサングラスの隣りにあるサングラスケースは超便利で、使わないときは折りたたむ事ができます。

折り畳めるので、もちろんリュックでかさばることはありません。

 

長時間の読書とスキマ時間の読書

長時間の読書には、ブルーライトをカットしているKindle Paperを使用し、短時間のときや旅で町中を観光しているときで時間ができたときは、右のHuawei P20 ProのKindleアプリで読書してます。

Kindle Paperは本当に目が疲れませんね。去年まではipadでしたが、長時間読書をするとどうしても目が疲れてしまうので、こちらに変更しました。ipadより軽いですし、持ち運びしやすいです。

 

旅先で最高の音楽を

SonyのMDR-EX800STに密閉カナルをつけ、NaosというDAPをつけて、iphoneアプリ” KaiserTone“で聞いています。

コンパクトですが、音はかなり本格的です。可能な限りコンパクトにしてよい音を聞くにはおすすめのコンビネーションです。(ただNaosは生産終了ということですので、もう手に入らないそうです><)

ケースの大きさは長さ6cmほどです。サングラスの幅の2/3くらいですね。

またイヤホンケースには200gbのSDカード7枚を入れてあります。基本的にはクラウドにデータを保存していますが、ここでも1.4Tほどは保存できる形になっています。

 

 

最高の思い出写真と動画をこれ一つで

 

Huawei P20 ProはLeicaのレンズを使っています。レンズが3つあり、画素数もメインレンズで最大4000万画素となっています。

以前はSonyのRx100Xを使っていましたが、遜色ないレベルです。むしろ色合いで行ったらさすがLeicaといった感じでこちらが勝っているのではないかとも感じます。私は旅先でフラフラするときはiphoneを持たずに最近はこれを持ち歩いています。

 

動画編集・プログラミング・音楽制作

 

動画編集、プログラミング、音楽制作はMacbook1つで十分です。

テクノロジーが発達してくれたおかげで、こうしてリュック1つで旅行できるのです。ほんとありがたいですね。

 

アマゾンプライムとVPSで映画見放題

Huawei P20 ProでアマゾンプライムのPrime Videoを利用して映画を見ています。

海外であってもVPSを使えば、簡単に映画ダウンロードが可能です。また中国でもFBやライン、Gmailは使用可能になります。

 

 

ふとひらめいたアイディアを書き留める

アイディアが出たら、iphoneやP20のメモに書くことももちろんありますが、紙でかくことも多いです。

いまはモレスキンノートとGoogle訪問時にもらったノートを活用しています。

ペンはその場で立つペンホルダーを使用したり、小型ペンで書くこともあります。

 

 

世界中のラウンジに入り放題

プライオリティパス(回数無制限)、スターアライアンスゴールドメンバー、ワンワールドサファイアメンバーですので、本当にほとんどすべてのラウンジに入ることができます。

またアメックスプラチナもあるので、アメックスラウンジにも入れます。以前はいろいろなラウンジに行きまくってましたが、最近はさすがに飽きてきましたね笑

 

 

電磁波対策もバッチリ

飛行機に乗っていると、結構電磁波を浴びてしまうそうです。通路側のほうが比較的少なくてすむそうなので、私は極力通路側に座るようにしています。

またスマホやPCには電磁波を中和するシールを張り、ネックレスをつけて、寝る前にはカードで電磁波とってます。まあやりすぎてますよね笑

 

 

怪我予防&怪我したときの応急処置

怪我したときのために、バンドエイドや塗り薬などは常備しています。(まあ見て分かる通り、殆ど使っていません笑)

また風邪などの病気にもならないように、高濃度ビタミンC(3000mg)を始め、幾つか必要なサプリメントも持っていっています。S字フックや切れない輪ゴム(モビロンバンド)は色々なところで使いますので、幾つもいれていますね。

 

 

0℃~40℃まで対応可能な服装

圧縮袋にはTシャツ5枚、下着5枚、靴下5枚、ネックウォーマー、スキンズ(スポーツ用タイツ)、ランニング用短パン、水陸両用のハーフパンツを入れています。前は3日分のみにしてましたが、それだと洗濯回数が多くて割と面倒だったので、いまは5日分です笑

さらにmonbellのアウターNorthfaceのウィンドブレーカーも袋に入れています。

これさえあれば暑いところでも、ある程度寒いところでも十分過ごすことが可能です。

 

 

世界中をドライブしよう

国際運転免許書は海外で身分を証明するときにも役立ちます。口座を作るときには国際運転免許書求められること多いです。

これさえあれば海外でレンタカーを借りて、気ままに好きなところにいけちゃいます。

 

 

機内で快適に過ごすために

 

Deselのジョグジーンズはジャージャみたいな履き心地なので、そのまま機内に入ってもとても快適です。

またベルト無しで着れるので、検査保安所などで荷物検査される際もベルトを外す必要がなくめちゃくちゃ楽です。

 

 

すぐに目の前の綺麗な海に飛び込めます

Evisuの水陸両用のハーフパンツは本当に使い倒しています笑

南国のビーチでは特に役立ちますね。なぜならそのまま海に飛び込めるからです笑
また本当にすぐ乾くので、夜に洗ってまた朝着るという荒業も難なくこなせます。

 

 

手ぶらでも防犯できるポケットを

スパイベルトは旅には必須ですね。特にスリなど多いところでは。

危ないところではスパイベルトに財布を入れて、手ぶらでフラフラするというのが私のスタイルです。

 

 

持ち運び洗濯機の時代です

Scrubbaは手に水をつけずに洗濯することが可能です。その後はハサミ付きのロープで干して於けば、暑いところならすぐ乾きます。

もしあまり暑いところではなく、急いでいる場合は私はよくこの方法で乾かしています。

①Scrubbaで洗った後に、ホテルなどのタオルで水気を取る

②水気をとったら、またScrubbaに衣類を入れて、ドライヤーで30分くらい乾かす。この際、ドライヤーとScrubbaの間にタオルを置いておけば、わざわざドライヤーを持って乾かす必要はなく、放置しているだけでいい。

③終わったらほとんど乾いているが、アイロンを使ってさらに乾かすことも可能。

これを夜にやれば、翌日は乾いています。

 

 

歯のケアは本当に大切

未病歯科で30年以上の歴史を持つ「日吉歯科」に見てもらい、徹底的に歯磨きの仕方をならってきました。

いまは、フロス⇒歯間ブラシ⇒電動歯ブラシの順番で歯磨きしています。また、ドイツのドラッグストアに安くて高品質な製品がたくさん売っていたので、いまはドイツの歯磨き粉を使用しています。

 

 

世界中のプラグ変換もこれ1つ

プラグ変換はこれ一つで十分です。

私は変換プラグにMacの充電器をつなぎ、そこからiphone、Huawei P20、Kindle Paperなどを、モバイルバッテリー経由で充電しています。今使っているモバイルバッテリーはコードが付いているので、その分荷物が減りました。

 

 

町中での機動性を上げるために

 

ここ3年ほど、小さな財布を使用しています。この使用感以上のものにはなかなか巡り会えませんね。スマホはライカカメラを備えたHuawei P20 Proを使用して、必要な際には折りたたみリュックを使っています。真ん中のがそうです。開くとこんな感じになります。

 

比較的大きく使えるので、これもよく使っていますね。

 

荷物を厳選すること、この少ない荷物でもこれだけのことができるのです。

旅先では観光することもあれば、仕事をしたり、暇をつぶしたりすることもあるかと思います。そういったときでも、この荷物であれば楽しく時間を過ごすことができます。

 

旅先ならではの問題にどう対処すべきか

旅先は、日常の生活とは違います。

もちろん、それゆえに楽しさもあるのですが、体調が悪くなったり、仕事をしている場合はうまく仕事が回らなくなったりすることもあるかと思うのです。

私はここ数年、海外を飛び回る日々を過ごしていましたが、幾つかのことを意識するだけで、旅先での仕事の能率も上がり、観光も楽しめ、健康を維持できるようになりました。

今回は実際に64カ国旅して身につけた、うまくいく方法をご紹介します。

 

まずはホテルでセッティングすること

私はホテルに付いたら、まずは真っ先に仕事環境の構築に当たります。

といっても、パソコン、ノート、充電器、変換コードをセッティングするだですが笑
でもそうしておくだけで、仕事の能率がかなり変わります。

その後には、洗面用具を所定の場所に置きます。

これでおしまいです笑。はやいですよねw

健康管理をたいせつにする

睡眠時間の確保をとにかく大切にしています。

旅先ではなれない環境などで思った以上に疲れがたまるものです。
ですので私は7時間以上は寝るように常に心がけています。

また、食事をいかに取るかということも大切です。
暴飲暴食でいた時は、私の場合ほぼ間違いなく体を壊しました笑
適度な食事で抑えること、また、ヨーロッパなどではあまり小麦を食べないことなど、こまめに意識していくことが大切です。

あとは、先程も説明しましたがエクササイズも大切ですね。こまめにやると体がリフレッシュします。

 

 

仕事の能率を徹底的に上げる

キプロスのカフェにて

旅先でも仕事をする人の場合、仕事時間をなるべく減らすことが大切です。
そういった時に私は以下の工夫をすることで、ずいぶんと時間の使い方が上手になりました。

 

①タイマーを設定して仕事する(25分)

iphoneやアンドロイドなどのスマホのタイマーを利用して仕事などしています。
25分が私としては、よい時間単位かなと思っています。

 

②環境を整える

ホテルに付いたら真っ先に仕事環境を整えると先程言いましたが、これも仕事効率化のためにしていることです。
環境が作られていたら、仕事に取り掛かるまでの時間も短縮されますし、実際やる気も変わります。

 

③todoリストの活用・効率化

ここ3年くらいwunderlistというtodoリストを活用していますが、3年も使っているとかなり効率化されてきたように思います。
最近では、リストのタスクを絵文字表示しています。これのほうがパット見でわかるからです。

ただ他人からすると、私のリストはかなり“Cute”みたいですね笑

 

 

GoogleMapで行きたいところは全部マーク

行きたいところは事前にGoogleMapでマークしておきます。

そうしておけば、wifiがあればすぐにどのあたりの位置に自分がいるかわかりますし、どうやって回っていけば効率よいかなどすぐに分かるようになります。

 

その国の交通機関は全て調べておく

その国の交通機関はだいたい把握しておくようにしましょう。

タクシーが便利なときもあれば、バスや電車が便利なときもあるからです。
また、チケットの買い方やお得な買い方なども事前に調べておくと、効率よく旅をすることができますよ。

 

パスポートの確認と、VISAの確認は絶対!

フライト2時間前の成田ZカウンターにてPCでESTA申請中w

私は以前、ベトナムからミャンマーに入る際にVISAがなかったため行けなかったという事がありました。
VISAの確認は必ずするようにしましょう。たまにアライバルビザの取得ができる国もありますが、そういったところはVISA必須国では稀ですので、かならず行く国すべてでVISAが必須かどうか確認しましょう。

あとパスポートを新しくしてしまった場合は、ESTAなども取り直す必要があります。私はそれでえらい目に合いそうになりました笑まあ、それは次回お話しますw

 

 

旅の楽しみ方は人それぞれ

旅の楽しみ方は本当に人それぞれです。

食事をたのしんでみたり、世界遺産巡りしたり、現地の人と交流したり、ぼったくられないように最安値で観光したり、芸術を鑑賞したり、ラウンジ楽しんだり、特別なフライトを楽しんり、お祭りに参加したりと本当にいろいろな楽しみ方があります。

ちなみに私は最近、現地の芸術鑑賞にハマっております。ダンスを14年くらいやっているので、そういった分野にもともと興味があり、また世界の芸術に触れることで、ダンスにうまく行かせるのかもと思いながら観光しています。

あと、やっぱりアクシデントはたびにはつきものです。私もファーストクラス世界一周の初日にESTA取り忘れで大変なことになったり、空港間違えて時間ギリギリだったりなど色々なトラブルにも遭遇しましたが、そういったものも良い旅の思い出となりますので、まあ寛容な心で対処するとよいかと思います。

荷物を少なくして旅することの楽しさをぜひ知っていたきたいと思い、今回記事をかいてみました。

旅に行く前の参考にしていただければこれほど嬉しいことはありません。旅好き仲間として、世界のどこかでお会いできることを楽しみにしています。