私のKindle書籍はコチラをクリック

LCC制限荷物7kgでもドローンを機内に持ち込む方法!?

機内持ち込み荷物の重量制限は

最近、どんどん厳しくなっています。

LCCなどは、7kgを重量制限としているところが多くなりましたね。

 

重量制限が厳しくなる中で

海外にどうやってドローンを持って行こうか

買ったばかりの頃は、

ずっと考えていました。

 

 

専用バックは買ったはいいけど、、

ダサいからもっていきたくないww

こんなこと思っていました笑

 

預け荷物とする方法もありますが、

航空会社によっては別途料金を取るところもありますし、

何より荷物を待っている時間が面倒です。

 

 

ドローンを買った人の中にも、こういった思いの人は多いと思います。

自分の荷物とドローンと両方機内に持ち込みたいって人です。

 

 

実はそれを叶える良い方法があります。

 

 

小さなリュックとスポーツバックの組合せ

 

ドローンと衣類など軽いものをすべてスポーツバックに入れてしまい、

デジタルデバイスは小さなリュックに入れるという方法です。

 

実は、飛行機には「機内持ち込み手荷物」の他に「身の回り品バック」

1つ追加で持っていくことがでます。

 

この仕組みをうまく利用するのです。

 

 

ドローンが入るくらいの最小のスポーツバックを用意します。

Phantom3 proを持っているのですが、

私は地元で買ったスポーツバックがぴったりだったので

これを愛用しています。

 

IMG_3591

 

ドローンと衣類など入れたスポーツバックは、

私の場合、トータル5kg前後となります。

そしてチェックイン時にはこの荷物は、

『機内持ち込み手荷物』として扱われます。

(7kg以下はクリアしていますね)

 

 

一方、小さなリュックの中には

できる限りデジタルデバイスを詰め込みます。

私の場合、以下のものを入れています。

 

・Macbook Pro 13(2kg)

・ipad mini4(300g)

・iphone SE(113g)

・コンパクトカメラ(RX100m4・300g)

・リチウム電池2つ(phantom用・2つで720g)

・ドローン用コントローラー(836g)

・コード類一式(500g)

 

これで全てです。リュックの重さが880gで、小物などもありますので

合計するとだいたい6kgくらいになります。

 

ちなみに私の使ってるバックはこちら。

 

スクリーンショット 2016-06-16 0.12.45 Thule Crossover 25L BackPack TCBP-317 Black 日本正規代理店品 CS4774 TCBP317K

 

 

 

見た目にはかなりコンパクトに見えるので、合計6kgもあっても

チェックインの時には、何も言われません。

扱いとしては『身の回り品用のバック』ということになるのです。

 

 

このような形であれば、制限重量が7kgであったとしても、

機内にドローンと自分の荷物の両方を入れることができます。

(今回の場合は5kg+6kg =合計11kgでした)

 

 

ドローンを入れるバックは専用のものでないといけない

と感じる人もいるかもしれませんが、そんなこと全然ありません。

 

フライト時にも揺れることはほとんどありませんし、

実際に移動するときは持っているわけですから、基本的に振動などもなく

安全に運ぶことができるからです。

 

IMG_3590

 

身軽にすることで、いろいろなところに行きやすくなりますが、

ドローンを持っていったとしても、実はかなり身軽に動くことができるのです。

 

ドローンを海外で飛ばしてみたいという方は

ぜひこの方法を試してみてください。

 

荷物のコンパクトさに驚きますし、

多分もっとどこかでドローンを飛ばしたくなると思いますよ^^