私のKindle書籍はコチラをクリック

これからの情報収集のやり方について

情報が溢れかえっている現代社会。

 

私は今必要なのは、情報の量ではなく

情報を取捨選択する能力だと私は思っています。

 

そこで、どのようにしていけば情報を取捨選択する能力が作られるのか、

つまり、情報を取ること情報を捨てること

この2つをどのように向上すればいいか。

 

 

今回は私が実践している方法を紹介します。

 

<情報を取ること>

①その筋の専門の人に聞く

これは当たり前なことなんですが、

意外とできていない人が多い気がします。

 

例えば、

『PC1台で稼げるって聞いたんだけど、どう思う?』

という質問を、

 

PCで稼いだことのない人に聞けば、

『稼いでる人なんて、本当に一部の特別な人だけでしょ?』

というだろうし、

 

PCで実際に稼いでいる人は

『PCで稼ぐことは、そんなに難しくないと思うよ。

会社員としてバリバリ働くより楽だと思うよ』

というかもしれません(というか多分言うと思います)

 

活きた情報を取りたいなら

その筋の人、専門の人に聞くのが一番だと思います。

 

 

②気になったことを『ググる』

いまはGoogleやYahooなどの検索エンジンがあるので、

知らないことでも、すぐにスマホで調べることができます。

 

私はわからないことがあると、

自分のできる限りのところまで

ググります。とにかくいっぱいググります。

 

ググること、つまり自分で調べて解決することを続けていると、

新たな問題に直面した時の解決の早さが変わってきます。

 

オーナー業をする場合、

今まで直面したことない問題にぶつかることがよくあります。

それをどのように解決に導くか、

オーナー業は新たな問題の連続ですから。

 

こういう習慣、つまりわからなければググるという習慣は

今後あなたが独立するにあたって

必ず役に立つスキルとなると私は思います。

 

 

<情報を捨てる>

③本当に必要な情報を整理する

この作業を行ってる人は少ないです。

 

情報をある程度収集したところで、

収集したことで満足してしまって

次に進まないパターンがよくあります。

 

例えば、起業の本ばかり読んで知識はついたけど、

読んで満足してしまい、実際アクションを起こさない人とか。

そういうパターンの一つだと思います。

 

ある程度情報を収集したら、

『本当に必要な情報は何なの?』

情報を整理する必要があります。

 

得た情報を整理すると、

次に何をやれば良いか明確になります。

すると行動にも移しやすいです。

 

紙に書くでもなんでも良いので、

本当に必要な情報は何だろうか?

と自問自答してみてください。

 

 

情報を得る、捨てる

交互に繰り返して行動していくことで

あなたの実力は

飛躍的に伸びると思います。

 

単純な方法かもしれませんが、

きちんと実践している人は少ないので、

やれば多分、ごぼう抜きだと思いますよ。